全てにおいてハイレベル。横浜高校・藤平尚真投手

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

今年の関東大会で見事準Vに輝いた横浜(神奈川)のエースは他の高校生とは別格のようだ。
強豪横浜高校のエース藤平尚真投手は今年もっとも注目される選手の一人であることは間違いない。

MAX152㌔のストレートにキレのあるスライダー・フォーク・カーブと変化球も既に一級品である。
あるプロ野球関係者の話では「プロに入っても時間はかからず上で活躍できる選手ではないか?」と言われている程の能力だ。
更に驚きなことは、藤平選手の伸びしろはまだまだ多分にあり完成度としてはまだまだと言われているところだ。

本格右腕の甲子園で活躍に多くの期待の声

藤平投手は横浜高校で1年春からベンチ入りするほどの能力を有したにも関わらず、怪我・試合中でのアクシデントと度重なる不運にもみまれ晴舞台(甲子園)での投球経験は未だにない。
今年は神奈川県大会で大本命として優勝候補筆頭とされる横浜高校という点でも十分に甲子園での活躍を期待できる。
松坂・涌井のように、お馴染みの横浜高校のユニフォームをきた大型右腕のエースが甲子園で大活躍する姿を高校野球ファンは待ち遠しく待っているだろう。

驚異の身体能力は魅力十分

千葉市シニアに所属していた中学時代には既に大器の予感を十分に感じさせる選手だった藤平選手。
中学の時点で球速は141㌔・高校二年夏には148㌔・高校二年秋には151㌔と成長が止まらない。
身体能力の高さは別の経歴でも実証している。
中学時代に陸上競技でも活躍し、走り高跳び全中で2位。ジュニアオリンピック優勝と身体能力の高さを伺うには十分な経歴を持ち合わせている。

こちらの記事に関連するタグ

fujihira
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事