jyoshi01

JWBL(女子プロ野球リーグ)は昨年度より 時代を担う一流選手の育成を目的とした球団「レイア(REIA)」を設けています。
今年は高卒2年目までの選手とアカデミー生(プロ契約をしていない選手)を大正とした13名の選手が所属。
彼女達の公式戦はTOP3球団を交えた「ティアラカップ2大会」と3球団の選抜選手と対戦する「チャレンジマッチ6試合」の計10試合組まれています。

育成球団レイアの大金星!

6/3(金)に1試合目のチャレンジマッチが仙台市民球場で行われ、筆者も生観戦したと書きたいところだが、女子プロ野球が配信しているニコニコ生放送での観戦でした。
この試合筆者は僅差の勝敗、もしくはレイアの大敗を予想していたが、レイア選手は筆者の予想をはるかに凌ぐ成長を遂げていた。

古谷投手は『女大谷』と前評判も高く、彼女が3球団選抜チームを抑えられるかを注目していたのだが、その注目を裏切らぬ5回被安打3奪三振7の零封の活躍。
そして驚いたのがレイアの打線の活躍。打つは打つはで合計15安打。内三塁打が4本と長打力もあり、3回4回5回と連打を浴びせ合計12得点と3球団選抜チームを圧倒。
打線の勢いに乗り、中継ぎ陣もピンチは作るも得点を許さず、古谷投手も含め4人で継投し、終わってみれば12-0と大金星を挙げた。

1 2 3 4 5 6 7 R H E
選抜 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
レイア 0 0 4 5 3 0 × 12 15 2
勝利投手 : 古谷 恵菜
敗戦投手 : 笠原 優子
三塁打  : 加藤 優(選抜)、泉 由希菜、前田 桜茄、高塚 みなみ(2)(レイア)

ルーキーイヤーの女子野球界!今後に期待

話題のルーキーは実力もピカ一今年のルーキーで入団前から話題を呼んでいる選手が居る。埼玉アストライアの加藤 優選手だ。
雑誌やTVでも何度も取り上げられているのでご存知の方も少なくないはず。
アマチュア時代には歌手として「きみのそら」と「ファイト!~たったひとりの応援歌~」という2曲をリリースしており、最近では人気番組『戦闘中』にも出演している。

<INSTAGRAM or Twitterの加藤優選手 写真埋め込み>

ルーキーイヤーの今年、開幕当初はベンチを外れ、代打で初出場した試合もショートゴロと結果を残せなかったが、ここからが並のルーキーとは違った。
同じく代打からの出場になった4/10(日)の試合。6回裏1死走者なしの場面でライト前に初ヒット。後続のタイムリーで同点となる初得点。7回裏に1死1,2塁で再度回ってくると内安打でチャンスを広げる活躍。(この試合は4-10で敗戦)
その後は代打で出場したら必ず1本はヒットを打つ活躍を見せ、5/22(日)の試合ではDHながら初スタメン、そして6/5(日)にはレフトでスタメン出場を果たし、規定打席に到達していないものの打率.545とハイアベレージを記録している。(6/5終了時)
厚ケ瀬選手や三浦 伊織選手など女子プロ野球には一見の価値のある選手が数名いるが、加藤 優選手はその中の一人である。一度騙されたと思って球場に足を運んで貰いたい。

女子野球界の未来を変える革新的な取り組み「トライアルゲーム制度」

baseball-1354946_960_720

新たにトライアルゲーム制度導入前述した通り育成球団レイアの活躍が評価されたのか、6/7(火)にリーグよりトライアルゲーム制度が発表された。

【トライアルゲーム制度とは?】
育成型球団レイアの選手がトップ球団の試合に出場できる制度。
育成選手によりより高いレベルの中で実戦経験を積ませ、選手個々のレベルアップを目的としています。

6/7の時点では対象試合は6/11(土)12(日)と7/1(金)2(土)の4試合のみ、対象選手はレイア2年目の6選手が選ばれた。

【トライアルゲーム制度対象選手】

埼玉アストライア 京都フローラ
古谷 恵菜投手(背番号31)
泉 由希菜捕手(背番号32)
松村 朱咲外野手(背番号37)
前田 桜茄外野手(背番号33)
吉田 奈津内野手(背番号35)
(高塚)みなみ外野手(背番号38)

※みなみ選手は今シーズンより登録名を《高塚南海》から《みなみ》に変更

【トライアルゲーム制度対象試合】

6/11(土)13時試合開始予定in上尾市民球場 埼玉アストライア vs 京都フローラ
6/12(日)18時試合開始予定in県営大宮球場 埼玉アストライア vs 京都フローラ
7/1(金)19時司会開始予定inわかさスタジアム京都 京都フローラ vs 埼玉アストライア
7/2(金)19時司会開始予定inわかさスタジアム京都 京都フローラ vs 埼玉アストライア

非常に面白い試みだけに所属年数に拘らず結果を残した選手が対象になればよりエキサイティングな制度になり、レイアの選手のモチベーションに繋がるのではなかろうか。
今後の対象選手に注目している。

前期は兵庫ディオーネの圧勝でしたが後期は京都不ローラーや埼玉アストライアの巻き返しに注目です。
また、新制度を活用したレイア選手や話題の加藤選手の今後の活躍にも目が離せません。
是非球場で直にその雄姿を目の当たりにしてみてください。
男子野球とはまた違った楽しさがそこにはあります。

レイア公式ホームページ
女子プロ野球公式ホームページ
 
 

こちらの記事に関連するタグ

jyoshi_thum
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事