全国高等学校女子硬式野球選手権大会は今年で20回目を迎える。
平成9年に第1回が開催され、当時参加した高校は「夙川学院」「駒沢学園女子」「蒲田女子」「花咲徳栄」「埼玉栄」の5校。
その後は参加校が減る年もあったが、少しずつ女子硬式野球が浸透し、女子硬式野球部を設立・大会へ参加する高校が増え、
ここ近年は特に創部ラッシュで一気に参加校が増えた女子硬式高校野球。

第3回目は、創部したばかりの高校に注目して紹介します。

3学年揃わなくても勢いに乗ると怖いのが若いチームの特徴。

折尾愛真高校(福岡)

orio_img01まずは創部1年目の昨年、初戦で強豪蒲田女子高校に0-1と惜敗した福岡の折尾愛真高校。
とても1年生だけのチームには見えなかった戦いぶり。
「今年の夏はまず一勝」を目標に練習してきた本校、今年どれだけ成長しているか楽しみである。

「野球とは人生そのものなり」折尾愛真高等学校女子硬式野球部へ行ってきました!

岐阜第一高校(岐阜)

gifu_img01今年創部で初出場なのが元女子プロ野球選手の小久保志乃氏が監督を務める岐阜第一高校。
小久保志乃監督に教わりたくて集まった選手たちが3ヶ月という短い期間の中、でどこまで小久保イズムを学んだか興味津々である。

【女子硬式野球】岐阜第一高校に行ってきました!

秀明八千代高校(千葉)

同じく創部1年目の秀明八千代高校。4月~9月に開催される「ヴィーナスリーグ3部」では開幕2試合勝利、その後も充当に勝利を重ね、7月4日の時点で8試合が行われ、6勝を上げている。
硬式野球経験者が多数入部とあって初出場ながら侮れぬ高校である。

今年単独で出場するチームにも注目

初出場ではないが、今年単独で出場するチームにも注目してほしい。

叡明高等学校(埼玉)

reimei_img01埼玉の叡明高校は2015年4月に創部し、初年度は4名で叡明女子野球がスタート。
昨年は人数が揃わず丹波連合で出場していたが、元女子プロ野球選手田中碧監督の下今大会単独での出場となる。

【女子高校硬式野球】叡明高等学校に行って来ました!

大体大浪商高校(大阪)

daitai_img01同じく昨年まで丹波連合で出場していたのが大阪の大体大浪商高校。
先日ラッキーリーグで公式戦初勝利と勝つ喜びも味わっているだけに初戦が楽しみな高校の一つ。

【女子高校野球】大阪体育大学浪商高等学校に取材に行ってきました!

こちらの記事に関連するタグ

女子特集
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事