【日米野球の違い】 日本と米国の投手の育成方法の違い

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

日米投手の差

メジャーリーグ挑戦の第一人者、野茂英雄氏以来、多くの日本人投手がアメリカで活躍している。持ち前のキレと抜群の制球力で、並みいる強打者たちを抑えていく日本人投手。日本のスタイルが、アメリカでも通用することを証明している。

しかし、アメリカ人投手のように豪速球で打者をねじ伏せる投手は、日本ではあまり見ない。今日、日本でもダルビッシュや大谷翔平といった剛腕投手もいる。高校生にして150キロを計測する投手も珍しくなくなった。それでも150キロ投げる投手の数で言えばアメリカほど多くはない。

shutterstock_98484518Photo Works / Shutterstock.com

アメリカではマイナーリーグだけでなく、独立リーグやアマチュアリーグでも150キロ以上のボールを投げる投手は当たり前のように存在する。この差は一体どこから生まれるのだろうか。そもそも日本とアメリカで、投手の育成方法は何が違うのだろうか。

こちらの記事に関連するタグ

shutterstock_98484518
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事