藤平尚真(3年)、増田珠(2年)、万波中正(1年)と毎年のようにドラフト候補、スター選手が誕生する横浜高校。
横浜高校からは、松阪大輔(ソフトバンクホークス)や涌井秀章(千葉ロッテマリーンズ)、筒香嘉智(DeNAベイスターズ)など多くスター選手を輩出する常に注目を集める学校である。
なぜ横浜高校はスターが育つでしょうか?

渡辺元智前監督の教え

横浜高校を語るうえで、渡辺元智前監督(現終身名誉監督)の存在を外すことができません。1968年に弱冠24歳で横浜高校の監督に就任した渡辺前監督は、ヨタ校と呼ばれた柄の悪い高校を変革し、春15回出場優勝3回、夏12回出場優勝2回、春夏合わせて51勝という通算3位の勝利数をあげ、強豪に育て上げたのでした。彼のインタビューなどを振り返ってみると横浜高校からスター選手が育つ要素が浮かび上がってきます。

baseball-672076_960_720
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事