掲載日: 文章:Clipee運営局

ドジャースの前田健太が嬉しい10勝目!

8月5日のロッキーズ戦で前田健太(ドジャース)が先発登板した。

前田は3回まで1安打無失点と上々の立ち上がりを見せた。しかし、1点を取ってもらった直後の4回裏に昨シーズンの二冠王ノーラン・アレナドを四球で歩かせると続くデビューしたばかりの有望株デビッド・ダールにホームランを浴び逆転を許してしまう。後続は死球を与えるも3つのアウトを全て三振で取り落ち着きを取り戻した。

5回表に打線が前田を援護し4-2と逆転し臨んだ5回裏二死からランナーを出したところで降板。 前田は5回2/3を投げ被安打4、2失点、無四球、5奪三振(96球)と及第点の投球。最低でも6回は投げきりたかったところだ。

試合はリリーフ陣が9回まで無失点に抑え、ドジャースが4-2でロッキーズを下し前田は区切りの10勝目をマーク。地区優勝へ向けて残り登板全試合勝つつもりの投球を期待したい。
次戦は8月10日のフィリーズ戦が予想される。

※日本時間

10勝目前の前田健太 メジャー1年生の通信簿を予想してみた

新着記事