マリナーズの青木が今シーズン2度目の猛打賞!

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

8月6日のエンゼルス戦で青木宣親(マリナーズ)が5打数3安打の猛打賞でチームの勝利に貢献した。

フェリックス・フェルナンデス(マリナーズ)が3点を失った1回裏の攻撃で青木は3球目をレフト前ヒット。続くセス・スミス(マリナーズ)の3球目で盗塁を決める。スミスのライト前ヒットでサードへ進みロビンソン・カノー(マリナーズ)のライト前ヒットで先制点のホームを踏んだ。

6回の第4打席ではセンター前、8回の第5打席ではライト前ヒットと猛打賞を達成。青木にとって7月24日以来、今シーズン2度目の猛打賞だ。

試合はマリナーズが6-4でエンゼルスを下し貯金を2とした。

青木のヒットは全てクリーンヒットで状態があがってきたのは間違いない。リードオフマンとしてマリナーズをポストシーズンに導くことが期待される。
※日本時間

試合のハイライトはコチラ(youtube)

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事