ホントに引退するの? レッドソックスのオルティスの強さ

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

今シーズン限りで、MLBボストン・レッドソックスのデビット・オルティスが引退します。彼自身が現役最終年と決めた今シーズン。オルティスは好調を維持しています。ファンの間には引退を惜しむ声もあります。それでも、本当に引退するのでしょうか?レッドソックスのオルティスの強さに注目してみました。

デビット・オルティスとは?

改めてデビット・オルティスとはどんな人物でしょうか?
デビット・オルティスは1975年11月18日、ドミニカ共和国サントドミンゴで生まれました。左投げ左打ちの一塁手、あるいはDHです。

1992年、地元の高校を卒業後に17歳でシアトル・マリナーズと契約を結んでします。

1996年、ミネソタ・ツインズにトレード。

1997年9月2日にメジャーデビューを果たしています。

2002年に本塁打20本、75打点を記録するものの、ツインズはその頃、スモールベースボールをチームカラーとしていて、積極的な打撃が売りのオルティスは放出されてしまいます。

2003年からは移籍先のボストン・レッドソックスでその才能を存分に発揮します。

2004年には、マニー・ラミレスと共に打率.300、40本塁打、100打点を記録し、さらにポストシーズンでも勝負強さを発揮。ボストン・レッドソックスの86年ぶりのワールドシリーズ制覇に大きく貢献しました。

2005年は打点王に、2006年には54本でホームラン王、さらに2年続けて打点王に輝きました。

その後、今シーズンまでレッドソックスのクリーンナップを打ってきたオルティス。昨シーズンまで、2303安打、503本のホームランを打ち、1641打点、通算打率は.284、OPSは.925を記録しています。

こちらの記事に関連するタグ

Ortiz
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事