バーネット(レンジャーズ)の無失点記録はどこまで続く!?

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

昨シーズン、ヤクルトで優勝に貢献したトニー・バーネット(レンジャーズ)がメジャーリーグで奮闘中だ。

バーネットはヤクルトに恩返しをするためポスティング申請をしての移籍を目指すが入札球団はなし。FAとしてレンジャーズと2年契約で合意した。

レンジャーズではヤクルト時代のようなクローザーではなく中継ぎとしての役割だ。開幕当初は大勢に影響のない場面での登板が多かったバーネットだが結果を残すにつれて僅差の勝ち試合でも登板する機会が増えた。

圧巻だったのは7月だ。10試合に登板し自責点0と完璧な投球を見せた。

【7月成績】
10試合/1勝0敗/13.2回/8奪三振/2四球/防御率0.00

8月に入っても依然として無失点が続いており現在12試合連続無失点(8月7日現在)を継続中だ。現在、レンジャーズはアメリカンリーグ西地区で首位を走っている。夏場の勝負どころで安定した中継ぎとして計算できるバーネットの存在は大きい。

レンジャーズ悲願のワールドシリーズ制覇へ向けてバーネットは今日もブルペンで出番を待つ。

【今シーズン成績】
42試合/6勝3敗/48.2回/35奪三振/12四球/防御率2.03
(8月6日現在)

※日本時間

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事