現在、首都大学野球連盟の2部リーグに所属する、獨協大学硬式野球部。現在は1部昇格を目標に掲げ、白球を追いかける熱い夏を過ごしています。

しかし、彼らは決して野球ばかりをしているわけではありません。「人間形成」を目的に掲げる獨協大学において、学生の本分である学問も、野球同様にこなす必要があります。それはもしかしたら、野球一筋に歩むより大変なのかもしれません。

後編では、キャプテンの山川一樹選手、投手リーダーの波田野俊志選手に獨協大学野球部の魅力から選んだ理由、大が行く野球で感じた事や学んだ事を話して頂きました。

山川一樹キャプテンにインタビュー!

IMG_5108

獨協大学硬式野球部をキャプテンとしてまとめる、山川一樹選手。大学野球を通じて視野が広がり、卒業後は社会人野球の強豪へと進むことが決まっています。獨協大学でどんなことを学んだのか、大学での野球生活のことなどを聞きました。

(プロフィール)

小学校から野球を始め、中学では軟式のチームを2つ掛け持ち。専修大松戸高校を経て、獨協大学に進学した。現在はキャプテンとしてチームを引っ張り、4年生の春季リーグではベストナインに選ばれている。

自主性が問われた大学野球

IMG_5065

春季リーグではベストナインにも選ばれましたが、手応えはいかがでしたか。

山川選手(以下、選手):春はチーム状態がすごく良くて、みんなが調子が良い状態の中で試合を迎えましたけど、練習試合とは違う緊張感の中で、結果を出せなかったことが課題です。個人としては主将という立場なので、チームがどういう状態でも結果を残し続けないといけないと思っていました。

キャプテンとしてチームを引っ張る上で、どんなところを意識されましたか。

選手:コミュニケーションを多く取ろうと心がけました。4年生が少ないですし、学年が違うと話せないこともあると思うので、それをなるべく無くせるよう、自分からコミュニケーションを取っていこうとしていました。

獨協大学を選んだ理由というの?

選手:獨協大学では、もちろん野球も本気でやりますけど、他にも学べることが多くあって、そこに魅力を感じました。実際に入ってみて、野球だけじゃなく、周りの人と話すのも勉強になりますし、視野が広がりました。

中学や高校での野球と大学野球の違いは、どのように捉えられていますか。

選手:大学では、監督やコーチから厳しく言われてやらされるのではなく、自分からやっていかないと伸びないと、すごく思いました。大学に入ってからは、体重管理などを自分でやるようになりましたし、練習もリーグ戦から逆算して『こうすればいい調子で試合に臨める』と計算して行うようにしていました。それは、大学での自分で考えて野球をやる環境が、そうさせてくれたのかもしれません。

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】
大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】
大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】
大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】
大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】
大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】
大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】
大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】
大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】
大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】
大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】
大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】
大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】
大学最後の野球人生、自分達が昇格の立役者になりたい。獨協大学・硬式野球部に行ってきました!【後編】

こちらの記事に関連するタグ

dokkyo_thum02
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

チームPRに関する記事

お勧め記事

新着記事