大舞台で輝くトップクラスの守備力を見せる選手たち

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

 野球の華はホームランだけではない。名勝負の裏に必ずと言っていいほど存在する華麗な守備。そしてガッツ溢れる好プレー。ここ最近だと常葉菊川の松田友潤が印象深いだろうか。守備だけならプロでも通用すると言われていた逸材だ。プロに入った選手だと埼玉西武ライオンズの浅村栄斗(当時大阪桐蔭)が圧倒的だった。

今大会でも守備で盛りたてる選手は多く存在する。その輝く守備を見せてくれる選手たちをご紹介しよう。

岡崎大輔(花咲徳栄)

今大会予選で唯一チームとしての失策が0だったのが埼玉県代表花咲徳栄だ。プロ注目ででもあるエース左腕の高橋昴也に注目が集まる中、守備力は全国でもトップクラスを誇る。

その守備陣をまとめるのがショートの岡崎大輔だ。埼玉県大会で初戦に3点を失ったものの以降決勝まで無失点で乗り切ったのは投手陣だけではなく岡崎を中心とした守備力が卓越していたからだ。

岡崎はプロも注目しておりプロ志望届を出せば今秋のドラフト会議で指名されるであろう逸材である。特徴は俊足を活かした広い守備範囲から見せる柔らかいスローイングだ。打球への反応から一塁へのスローイングまでの動作が綺麗で流れるような動きを見せてくれる。

身体の線が細いのでまだまだ成長の余地もありそうだ。

こちらの記事に関連するタグ

syubi
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事