ミラクル野球!? 東邦・理央(リオ)のキセキ

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

”甲子園には魔物がいる”これは高校球児だけでなく我々のようなファンも感じることだ。今回の夏の甲子園でもたびたび”魔物”が登場した。しかし魔物以上のモノを見せてくれたのが八戸学院光星(青森県)対東邦(愛知県)の試合だ。

エース藤島健人がノックアウト

東邦の先発はプロ注目でもあり4番も務める藤嶋健人だった。初回に先制を許すと2回は抑えたものの3回に八戸学院光星打線に捕まってしまう。連打、死球、四球と完全に崩れ松山仁彦に後を託した。藤嶋は松山とポジションを入れ替わる形でライトの守備につく。

一回戦の北陸戦でサイクル未遂と打撃ではプロ注目の片鱗を見せた藤島だが登板はなかった。この試合が今大会初のマウンドだったのだ。そこで結果を残せず悔しい思いをしていたのは想像に難くない。

こちらの記事に関連するタグ

tohokiseki
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事