【激闘の追憶】横浜と履正社の差は何だったのか!?

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

事実上の決勝戦とも言われていた横浜(神奈川県)対履正社(大阪府)の一戦。組み合わせが決まった直後から高校野球ファンの関心はこの一戦に向いていたと言っても過言ではない。

まずはハイライト動画をご確認。

高校ビッグ3の早すぎる対決

横浜高校のエース藤平尚真と履正社高校のエース寺島成輝そして花咲徳栄(埼玉県)の高橋昴也が今大会の高校生ビッグ3と呼ばれ大会前から注目を浴びていた。ビッグ3を従えるチームは当然のように優勝候補にも挙がってくる。

その横浜と履正社が早くも2回戦で激突したのだ。

大会8日目となる8月14日の第4試合。ひとつ前の第3試合で東邦(愛知県)が八戸学院光星(青森県)を史上最大の逆転劇でサヨナラ勝ちを収めた余韻が残る甲子園球場で決戦の火蓋が切って落とされた。

こちらの記事に関連するタグ

yokohamariseisyaai
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事