神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

今年も多くの熱戦が繰り広げられた『第20回記念全国高等学校女子硬式野球選手権大会』。
今年は、神戸弘陵学園が見事初優勝を果たした。

神戸弘陵に女子硬式野球部が出来て3年目、初めて3学年揃った今年。
まだ若いチームが優勝できた要因は?初優勝までの軌跡、全5試合を追ってみた。

今大会勢いに乗せた初戦秀明八千代戦のHR

初戦の相手は、今年創部1年目となる秀明八千代高校。若いチームではあるが、ヴィーナスリーグで6勝を挙げている勢いのあるチームだ。

神戸弘陵は初回満塁のチャンスを作るも活かせず無失点。3回表には秀明八千代の鈴木選手と鎌田選手に送りバントを挟んで単打を打たれピンチに。神戸弘陵石原監督すかさずエース龍田選手にスイッチ。5番高安選手を死球と満塁になるも、後続を龍田選手圧巻のスイングアウトの三振でスリーアウトチェンジ。

3回裏神戸弘陵の重たい雰囲気を吹き飛ばしたのが5番キャプテンの駒井選手。相手エラーで1点先取した後の二死二塁。初球をフルスイングした駒井選手の打球は左中間センター寄りの頭上を越えフェンス手前まで転がり、走りに走り、三塁コーチャー長谷川選手の全力の腕振りに応え、三塁手前で失速することなく一気にホームへ。今大会公式記録上唯一のホームランとなりました。

これで勢いに乗った神戸弘陵は4回裏にも6連続ヒットで6得点。更に5回裏に4番川中選手の(公式記録上は三塁打+送球乱れの間の進塁、筆者の見解は乱れなくても進塁できたと判断しているのでランニングホームラン)ダメ押しで10点目と5回コールド勝ち。

初回からペースを握った蒲田女子戦

2回戦は神戸弘陵戦が今大会の初戦となる東京都の蒲田女子高校。女子硬式野球選手権大会の準優勝経験もある関東の強豪チームだ。
1回表エラーが続き一死一二塁とピンチを作るも、エース龍田選手は落ち着いており、スイングアウトの三振とライトフライでチェンジ。ピンチの後にチャンスあり。1回裏同じくエラーで出塁した安達選手を送りバント進塁打と三塁まで進めると、4番川中選手のスリーベースヒットで神戸弘陵が先制。

4回表に蒲田女子は5番熊坂選手の三塁打と7番あべ松選手のスクイズ(エラーを誘う)で同点に。しかし、神戸弘陵はその裏、連続四球で出た二人のランナーを、相手の守備の乱れに乗じ、得点に結びつけ突き放しに成功。その後も5回6回と得点を重ねる神戸弘陵。

守りでは6回より登板の2年生投手一尾選手が蒲田女子の4番鈴木選手5番熊坂選手のクリーンナップの連続ヒットから1失点するも後続を抑え、7回谷川選手へと継投。

谷川選手も先頭打者をストレートの四球で歩かせ、一抹の不安を抱かせるも、伝令でマウンドに来た長谷川選手と一緒にスタンドの声援に応えると、後続をサードライナーのダブルプレー、ファーストゴロに抑え、神戸弘陵準々決勝進出。

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡
神戸弘陵・女子硬式野球部、全国高校女子選手権大会初優勝までの軌跡

こちらの記事に関連するタグ

koube20160821
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事