2015年ドラフト1位組の今を追う。成長株は誰?

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

プロ野球のペナントレースも100試合以上を消化しいよいよ終盤戦に差し掛かってきた。優勝を目指す、3位を目指す、来シーズン以降を見据えて戦力の見極めをする。各球団そろそろ戦い方が分かれてくる頃だ。

さて、100試合前後を経過したところで2015年ドラフト指名組はここまで戦力になれたのだろうか。それとも二軍で力を蓄えているのか。ここでドラフト1位の各選手を振り返ってみたい。

2015年ドラフト1位は誰だった?

まずはドラフト1位入団をおさらいしよう。

【セリーグ】
ヤクルト:原樹理(東洋大/投手)
巨人:桜井俊貴(立命大/投手)
阪神:高山俊(明大/外野手)
広島:岡田明丈(大商大/投手)
中日:小笠原慎之介(東海大相模/投手)
DeNA:今永昇太(駒大/投手)

【パリーグ】
ソフトバンク:高橋純平(県岐阜商/投手)
日本ハム:上原健太(明大/投手)
ロッテ:平沢大河(仙台育英高/内野手)
西武:多和田真三郎(富士大/投手)
オリックス:吉田正尚(青学大/外野手)
楽天:オコエ瑠偉(関東一高/外野手)

さて、ここからは各ポジションごとに見ていきたい。

doraft
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事