現在の日本プロ野球界を代表する打者にまで成長した東京ヤクルトスワローズの”トリプルスリー男”山田哲人選手。右打者におけるシーズン最多安打、1シーズンにプロ野球史上初の本塁打王と盗塁王の同時獲得と過去の偉大な名選手でも成し得なかった記録を作り続ける山田選手がもし入団当初からメジャーに挑戦していたら?今回は山田選手のもしもシリーズをお届けしてみたい。

2010年に大阪・履正社からドラフト1位で東京ヤクルトスワローズに入団


山田選手は大阪・履正社高校時代から走攻守№1との評価もあった選手。全国レベルの選手が集まる強豪・履正社において1年の夏からベンチ入りすると、3年の夏には甲子園で現・阪神タイガースの歳内宏明から滞空時間の長いホームランを放ち周囲の度肝を抜いたことは記憶に新しく、次世代の怪物候補であったことは間違いない。

ただ、ヤクルトスワローズはこの年、ドラフト1位に斎藤佑樹選手を指名するつもりであった。しかし、重複で獲得できず、次に指名したのが現・楽天の塩見貴洋選手であったが、こちらも重複、抽選失敗という結果に終わり、次に選択したのが山田選手だった。

この結果を見てもわかるように、ヤクルトにとっては素晴らしいプレイヤーではあるものの何が何でも入団させたいという気持ちは当初はなかったことが伺える。

こちらの記事に関連するタグ

ifyamada
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事