岩隈VS田中が2度めの対決!MLB日本人対決、今回も軍配は田中に!

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

8月25日のマリナーズ対ヤンキース戦で日本人先発同士の投げ合いが行われた。マリナーズの先発は岩隈久志、ヤンキースの先発は田中将大だ。二人は4月18日以来通算2度目の対決となった。

ヤンキースは初回岩隈からゲーリー・サンチェスがソロホームランを放ち1点先制。続く2回は死球と連打で更に1点を追加。試合を優位に進めることに成功した。岩隈は4回にも1点を失い6回3失点でマウンドを後にした。岩隈は6回を除いて毎回走者を背負いピンチの連続だったが各回とも最少失点にくい止め最低限のピッチングを見せた。

対する田中も毎回のようにランナーを背負ってのピッチングだったが要所をしっかりと抑え7回無失点でマウンドを降りた。

結局、岩隈は6回を投げ被安打6、3失点(自責3)、2四球、3奪三振(100球)、田中は7回を投げ被安打6、無失点、1四球、5奪三振(106球)の投球内容。
2人ともQS(クオリティスタート)を達成するも苦しいピッチングだったが軍配は田中に上がった。

マリナーズはここにきて痛い連敗。明日からシカゴに場所を移してホワイトソックスとの4連戦。ワイルドカード争いに踏みとどまるためにも連敗を止めたいところだ。

ヤンキースはマリナーズに連勝し明日からヤンキースタジアムで同地区首位のオリオールズと4連戦だ。逆転ワイルドカードに望みを賭けるために負けられない。

※日本時間

こちらの記事に関連するタグ

mlb20160825
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事