ダルビッシュがレッズ戦に先発登板も勝ち負けつかず!

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

岩隈久志(マリナーズ)、田中将大(ヤンキース)の投げ合いから数時間後8月25日敵地のレッズ戦でダルビッシュ有が先発登板した。

2回にノマー・マザーラが先制3ランを放ち3点のリードをもらったダルビッシュ。その裏に死球、四球、四球で満塁のピンチを招くと内野ゴロとパスボールで2点を許してしまう。

5回にはダルビッシュ自らを援護するメジャー初本塁打を放つ。そして、次打者のイアン・デズモンドも続き5-2とリードを広げる。しかし、直後の5回裏に連打と内野ゴロで1点を返されてしまう。点を取った後に取られる苦しい展開が続く。6回にも2点を追加され5-5の同点のままダルビッシュは6回にマウンドを後にした。試合は8回にレンジャーズが1点勝ち越し6-5でレッズを降した。

結局、ダルビッシュは6回を投げ被安打4、5失点(自責3)、5四球、5奪三振(100球)の投球で勝ち負けつかず。四球が多く投球内容には不安が残った。
次回登板までに修正できるかが鍵となりそうだ。

※日本時間

こちらの記事に関連するタグ

mlb20160825a
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事