ドジャースの前田健太が5回2失点も今シーズン8敗目!

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

8月30日のロッキーズ対ドジャース戦で前田健太(ドジャース)が先発した。

自信5連勝中の前田は3回まで無失点に抑えるも4回1死から1人ランナーをおいてニック・ハンドリーにホームランを浴び先制点を許してしまう。5回は三者凡退に抑えたが6回表の打席で代打を送られ降板となった。

試合はその後、ロッキーズ打線がドジャース投手陣から得点を重ね8-1でロッキーズが勝利。ロッキーズは連勝を3に伸ばした。

結局、前田は5回を投げ被安打4、2失点(自責2)、1四球、6奪三振(88球)で7月18日以来の8敗目(13勝)を喫した。自身の連勝も5でストップ。また、ここ5試合で6回を投げきれなかったのは4度目となり球数に課題が残る。

この日試合のなかったナショナルリーグ西地区で首位を争う2位ジャイアンツとのゲーム差は1.5に縮まった。

前田の次回登板は中5日で9月5日のパドレス戦が予想される。地区優勝に向けて同地区の下位に低迷しているパドレスに取りこぼしは許されない。

※日本時間

こちらの記事に関連するタグ

20160830maeda
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

ナショナル・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事