ヤンキース田中将大 12勝目逃す

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

8月31日のロッキーズ対ヤンキース戦で田中勝大(ヤンキース)が今季12勝目先発した。
最近2試合連続無失点だった田中は、2回までをピシャリ。
失点を許したのは3回だった。
3回ツーアウト後、ロッキーズのモンデシーにヒットを許し、続く1番ダイソンに右中間を破られるタイムリーを浴び3試合ぶりの失点をした。

続く4回には、4番モラレスにソロホームランを浴びこの日2失点目となった。

田中は5回までを71球2失点の状況であったが、59分の中断を挟んだ為、6回のマウンドには上がらずここで降板となり、救援陣が一度同点に追いつかれ、田中の勝利権利は消滅した。

試合は延長10回にヤンキース2番のエルズベリーのタイムリーで勝ち越し、ヤンキースが5-4で勝利した。

試合後の田中は「今日はしょうがないと割り切れる部分があるので、少し休養をもらったと思って、次の登板に向けてやっていきたい」とコメント。

※日本時間

▼関連

こちらの記事に関連するタグ

20160831tanaka
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事