高校野球特有!? 連帯責任は本当に必要なのか。

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

この夏の甲子園佐賀県予選で、ベスト4に進出していた龍谷高校(佐賀市)が、準決勝を辞退するという出来事がありました。
事の発端は、竜谷高校野球部の部室がぼやになる騒ぎがあり、その原因がタバコの火のにおいを消すための蚊取り線香の不始末でした。
同時に複数の部員よる喫煙が発覚しました。

高校野球では、残念ながら毎年のように不祥事が起こり、その度に連帯責任で出場の辞退や、対外試合の禁止が行なわれています。
高校野球における連帯責任について考えてみました。

連帯責任は高校野球だけなのか?

高校野球だけが、不祥事や連帯責任が問われる印象があるのはなぜでしょうか?
いったい他のスポーツは不祥事が起こってないのでしょうか?
そんなことはありません。

例えば、高校サッカーでも、残念ながら不祥事は頻繁に起こります。
ただ、何が違うかといえば、対応の仕方です。
高校サッカーの場合だと、チームそのものを出場停止にするより、選手個人にペナルティを科す傾向にあります。
サッカーには、レッドカードによる個人へのペナルティがもとからあるのでそういう傾向にあるのかもしれません。
また、高校野球だけが連帯責任を強調される原因として、さわやかな存在としてマンガ、アニメ、マスコミに取り上げられることが多く、連帯責任をとって「潔し」となる風潮があるかもしれません。

こちらの記事に関連するタグ

unnamed
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事