掲載日: 文章:寄稿

早実 清宮、春の選抜を掛け白星スタート。

世間の注目を一心に浴びる早稲田実業3年清宮幸太郎(2年)が、新チームの主将として初めての公式戦を迎えた。
9月3日、秋季東京都高等学校野球大会一次予選で都立八王子桑志と対戦した清宮率いる早実は24-0の5回コールドで順調なスタートを切った!

この日の清宮3番で出場、4打席3打数1安打であった。
期待された67本目の本塁打は次戦以降へ持ち越しとなった。

もう一人の注目株、野村大樹(1年)は4打席3打数2安打と活躍した。

早稲田実業は、明日9月4日、東京都市大等々力と立志舎の勝者と対戦する。

新たな戦いは始まっている。来年の甲子園で活躍を期待する選手を紹介①

こちらの記事も読まれています

新着記事