【若き侍の世界への挑戦】U18日本代表2年ぶりアジアの頂点へ!

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

U18日本代表が2年ぶりにアジアの頂点にたった。

9月4日、宿敵韓国を下した日本は、1次リーグでも対戦し勝利していた台湾と対戦し、1-0で勝利した。

決勝の台湾戦、先発したのは今井達也(作新学院)だ。
今井は5回を1安打無失点でゲームを作り、この大会絶好調の堀瑞生(広島新庄)へと継投した。

今井からマウンドを引き継いだ堀は、8奪三振を奪い0失点で完封リレーとなった。

この日試合を決めたのは納大地(智弁学園)だった。
納は6回、台湾2番手のウェンから右前へ弾き返し、三塁走者の林中勇輝(敦賀気比)が生還し均衡を破った。

先発した今井は、「前回と同じ台湾戦だったので、反省を生かして投げた。四死球が多くなってしまったが、日本代表のエースナンバー背負っている以上は、しっかり投げなければいけない。周囲の支えがあっての優勝。感謝している。日本代表としていい経験ができた」と喜びを噛み締めて喋っていた。

 チームを率いた小枝監督は「このシリーズは全員でやると言っていたので満足です。選手にはお疲れさん、おめでとうと言いたい。選手には、この貴重な経験を土台にして、もう1ステップ、2ステップしてほしい」とコメント。

▼関連SNS

こちらの記事に関連するタグ

Cq8Xj0GVIAAwzjY
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事