【WBSC女子野球W杯】インド相手完全勝利、予選を全勝で通過。

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

先日までW杯15連勝と勢いにのるマドンナジャパン。

9月5日、韓国(釜山)で開催されているWBSC女子野球W杯第一ラウンドで、マドンナジャパンはインドを相手にした。
格下インドを相手にしたマドンナジャパンは、終始試合を優位に進め、18-0の5回コールドゲームで勝利を収めた。
これでマドンナジャパンのW杯連勝記録は16となった。

初回からマドンナジャパンの攻撃が火を噴いた。
二つのフォアボールでランナーをためた状態で5番有坂友理香(アサヒトラスト)のレフトへのホームランで3点を先制!
続く金由起子(ホーネッツ・レディース)などでさらに1点を加えた。

マドンナジャパンは18安打、毎回得点でインドを圧倒した。

守っては、先発の荒木未来( アサヒトラスト)が3回1安打無失点と好投。
荒木の後を引き継いだ笹沼菜奈(平成国際大学)が2回をパーフェクトに抑え、ゲームセット。

次戦は9月7日、スーパーラウンド1戦目でグループAの1位と対戦する。

▼関連SNS

こちらの記事に関連するタグ

wjyoshi
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事