マリナーズ青木がメジャー復帰!

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

打撃不振もあり8月終盤からマリナーズ傘下のAAAタコマ・レイニアーズでプレーしていた青木宣親(マリナーズ)がメジャーに戻ってきた。

8月30日から9月6日の約1周間をレイニアーズで過ごした青木。この間青木は8試合、打率.226、1本、3打点、1盗塁の成績を残している。メジャー昇格後は外野の控えとしてベンチスタートが濃厚だ。

そして、青木の状態が良くても契約の都合で起用されない可能性も秘めている。青木は2016年に480打席起用されると2017年の契約が自動更新となるからだ。現在、青木は389打席で残り91打席。マリナーズの残り試合は9月7日時点で25試合ある。1日4打席立つと480打席を上回ってしまう。

現在の状態で来年35歳の青木とマリナーズは契約をするつもりはないため480打席を超えないような起用法となるだろう。しかし、マリナーズはワイルドカード争い中ということもあり青木が絶好調なら起用を考えるだろう。マリナーズに来年も契約したいというような活躍を見せてくれることを青木には期待したい。

※日本時間

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事