9月8日のフィリーズ戦でイチロー(マーリンズ)が2試合ぶりに2番レフトでスタメン出場した。

昨日、代打ホームランを魅せてくれたイチローが今日は初回の第一打席に俊足を飛ばしてライト線へ三塁打を放つ。この三塁打は今シーズン4本目となり42歳での年間4本以上の三塁打は史上4人目となった。続く3番マーティン・プラドのショートゴロの間に先制のホームを踏み5試合連続ヒットと5試合連続得点を記録。第三打席でもレフトへヒットを放ち4打数2安打1得点で打率.298と3割まで目前となった。

試合は6-0でマーリンズがフィリーズを下し連敗を5で止めた。

ポストシーズンに向けて負けられない戦いが続くマーリンズだが明日は試合がなく小休止だ。9月10日から本拠地でドジャースを迎えての3連戦となる。3連戦の初戦はドジャースのエースであるクレイトン・カーショーの復帰登板ということもあり注目度が上がることは間違いない。その、カーショーをマーリンズはホゼ・フェルナンデスで迎え討つ。

▼関連SNS

こちらの記事に関連するタグ

0908ichi
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

ナショナル・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事