掲載日: 文章:曽我 友紀久

涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】

勝俣 翔貴選手へインタビュー!

_DS79805

「三塁手をやらせているんですが、結構うまいですよ」と岩井監督。
昨年、春のセンバツでは東海大菅生の投手として、U-18では外野手として大活躍した勝俣選手、大学では4番サードをこなしています。
まだあどけない表情を残しながら、勝浦の地で野球に真剣に取り組む勝俣選手に、入学してまだ1年も経っていない、国際武道大学の雰囲気について伺いました。

(プロフィール)

勝俣 翔貴(かつまた しょうき)
内野手、神奈川県出身、1年生。東海大菅生では岩井監督の教え子である若林弘泰監督率いるチームで投手を務める。

技術、能力を高められる場所として武大を選びました

_DS79796

野球を始めたきっかけを教えて下さい。

勝俣 翔貴選手(以下、選手):小さい頃にお父さんが草野球をやっていたのを、ついて行ったのがきっかけです。

高校後の進路として大学野球、ならびに国際武道大学を選んだ理由を教えてください。

選手:グラウンドや室内練習場など環境が整っていて、自分の技術や能力を高められる場所だと思い、選びました。

高校野球と大学野球の違いとして感じた点を教えてもらえますか?

選手:一番感じたのは春リーグ戦を出てみて、試合の進むスピードや一球一球の間合いが長く、上手く出来なかったかなと感じました。

大学生活で大変な点を教えてもらえますか?

選手:生活面では今まで寮でも自分でご飯を作ることは少なかったのですが、大学では食事も全部自分で作る必要があるので、まだ苦労しています。

日本一のため、チームが勝てるプレイを

_DS80417

目標に向けて練習で心がけている点を教えてもらえますか?

選手:一番は日本一になることです。
その為には、春から4番で試合に出させてもらっているのですが、チャンスで打てず負けた試合があったので、そういう場面でも打って、チームを勝たせられるような選手になっていかなければならないと思っています。

最後に国際武道大学を目指している、進路として考えている、高校生へのメッセージをいただけますか?

選手:グラウンドから室内練習場、ウエイトルームまでと設備環境が整っています。
高校ではコーチから言われてやることが多かったですが、ここでは全体練習の中でも自分で考えて練習する事ができるので、色々な点でレベルアップできる学校だと思います。

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】

新着記事