掲載日: 文章:曽我 友紀久

涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】

マネージャー・斉藤 雄太主務へインタビュー!

_DS79801
今回の取材準備、日頃のチームの試合出場の手続きといった事務、運営、管理の業務をされている斉藤マネージャーに、グラウンドの外でチームを支える仕事について就いて聞きました。

(プロフィール)

斉藤 雄太(さいとう ゆうた)
千葉県出身。市立船橋高校までは選手として野球に取り組む。

チームが勝つことが一番嬉しい

_DS79781

野球を始めたきっかけを教えて下さい。

斉藤 雄太主務(以下、主務):少年野球に近所の友達がいて、誘ってもらい始めたのがきっかけです。

大学にはマネージャーとして入部したのでしょうか?

主務:母校、市立船橋の監督が武大の卒業生で、お話を頂いてマネージャーとして入りました。

マネージャーとして大変な部分を教えてもらえますか?

主務:人と関わり、コミュニケーションを取る事が多く、最初は難しかったですが、いい経験をさせてもらっています。

やりがいを感じる部分を教えてもらえますか?

主務:マネージャーとして遠征や試合の手配から球場まで、全て管理して勝利を目標にやっているので、やはり、チームが勝ってくれると嬉しいです。

選手よりも4年間先に社会勉強させてもらっています

_DS80441

これから先の進路はどのように進みたいですか?

主務:プロ野球の球団職員になりたいと思っています。でも、狭き門の世界なので、これからどうなるか分かりませんが、野球に関わる仕事に就きたいです。

高校でプレイヤーとして野球をしていた時と、大学に入ってからの違いを教えてもらえますか?

主務:プレイヤーとは違う立場で野球を見ることが出来るので、今まで気付くことが出来なかったところが気付け、プレイヤーの立場の時に気付けていれば・・・という点もあります。
外から見る野球は本当に違うなと、この4年間ですごく感じ、勉強させて頂いています。

マネージャーとして国際武道大学へ入ることを考えている方へのメッセージを頂けますか?

主務:プレイヤーでは経験できないようなことを多く経験でき、監督さんも言われていたのですが、マネージャーは選手より先に社会に出ているのと同じで、選手より4年間先に勉強が出来る環境というのを大切にして入ってくれれば将来に繋がると思います。

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【後編】
涼しき勝浦の地で千葉県制覇、そして日本一を目指す!国際武道大学硬式野球部へ行ってきました。【前編】

新着記事