【WBSC女子野球W杯】チャイニーズ・タイペイに勝利しW杯18連勝!

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

9月8日、WBSC女子野球W杯スーパーラウンドを戦うマドンナジャパンは、チャイニーズ・タイペイと対戦した。
マドンナジャパンは見事チャイニーズ・タイペイをコールドゲームで下し、W杯連勝記録を18と伸ばした。

この日先発をしたのは、左腕・笹沼菜奈(平成国際大)が圧巻のピッチングを披露した。
初回を3三振で終えると、その後も危なげないピッチングで4回途中8Kの快投で相手を寄せ付けなかった。
続く田中露朝(尚美学園大)も、残りをパーフェクトピッチングで実力を発揮した。

打線は、一回、二死三塁で四番川端友紀(埼玉アストライア)がレフト前へ先制打。
続く二回にも小島也弥(環太平洋大)の左中間への二塁打を活かし、スクイズなどで点を重ねこの回2得点。
三回には、志村亜貴子(アサヒトラスト)・六角彩子(侍)の連続タイムリーなどでこの回4得点を上げ、7-0と試合を決定づけた。

五回にも3点を奪う攻撃をみせたマドンナジャパンは10-0とし、コールドゲームで試合に勝利した。

9日、マドンナジャパンは決勝進出を掛けたオーストラリア代表と対戦する。

こちらの記事に関連するタグ

wbsc0909
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事