ベテラン・右腕小西、9回137球の完投勝利、通算300奪三振達成。

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

伏見桃山球場で行われた京都フローラvs埼玉アストライア第13戦は、4−3で京都フローラが勝利した。

1回表、先頭の中野菜摘が、ライト前ヒットで出塁すると、3番・楢岡美和に左中間を破る適時二塁打、4番・山崎まりに右中間を破る適時三塁打が飛び出し2点を先制する。しかし直後の1回裏、埼玉アストライア・先発の宮原臣佳のコントロールが定まらず2つのフォアボールとワイルドピッチで1死2,3塁に、4番・池山あゆ美の三塁ゴロの間に3塁走者がホームにかえり1点を返し1−2となる。

京都フローラは、4回裏、この回先頭の田口紗帆がセンター前ヒットで出塁するとバントで送り、8番・岩見香枝に右中間適時二塁打が飛び出し2−2の同点に追いつく。
埼玉アストライアは、5回表、3番・楢岡美和のレフト線ツーベースなどで2死3塁のチャンスをつかむと4番・山崎まりにセンター前適時打が飛び出し3−2と1点を勝ち越す。7回裏、8番・岩見香枝がレフト前ヒットで出塁すると、バントなどで2死1,3塁と一打同点のチャンスを掴む。ここで3番・中村茜がライト前適時打を放ち3−3の同点に追いつき、延長に突入する。

このまま引き分けに終わるかと思われた9回裏、この回先頭の金山亜莉紗がセンター前ヒットで出塁すると、送りバントなどで2死1,2塁とすると、4番・池山あゆ美が、左中間を破るサヨナラ適時二塁打で、京都フローラが4−3でサヨナラ勝ちを飾った。

投げては、先発の小西美加が9回を投げきり137球の完投勝利で、自身の通算300奪三振に花を添えた。

【ヒロインインタビュー:京都フローラ #18 小西美加】

9回137球の完投勝利&通算300奪三振を達成!
相変わらず立ち上がりが…これからも課題をもって取り組んでいきます。京都フローラ優勝のために負けてられません。一勝一勝積み重ねるために腕がちぎれるまで投げたいと思います。ファンの皆さんも腕がちぎれるくらい応援してください(笑)

【ヒロインインタビュー:京都フローラ #25 池山あゆ美】

9回裏、サヨナラタイムリーツーベース!
今日は最後の最後まで仕事ができていなかったので最後の打席では代打が送られるかとヒヤヒヤしていたのですが、監督が使ってくださったので期待に応えられてよかったです。明日からも重要な試合が残っているので一丸となってがんばりたいと思います。

2016年9月10日(土)
ヴィクトリアシリーズ 伏見桃山球場
京都フローラvs埼玉アストライア 第13戦(唐津市野球場)

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
埼玉 2 0 0 0 1 0 0 0 0 3 10 0
京都 1 0 0 1 0 0 1 0 1 4 9 1

【バッテリー】

  • 埼玉:宮原、山崎舞、谷山 – 今井
  • 京都:小西美加 – 中村

【本塁打】

  • 二塁打:出口 彩香(埼)、楢岡 美和×2(埼)、早田 咲紀(京)、岩見 香枝(京)、池山 あゆ美(京)
  • 三塁打:山崎 まり(埼)、小西 つどい(京)

こちらの記事に関連するタグ

jwbl20160910b
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

女子野球に関する記事

お勧め記事

新着記事