【ドラフト情報】2016年大学生ドラフト候補を紹介(野手編)

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

大学生も投手に逸材が揃っていると言われている今年のドラフト。しかし、野手に逸材候補がいないわけではない。下馬評は低くてもプロ入り後に活躍する選手は星の数ほどいるのだ。そのスター候補生達を8名ご紹介しよう。

長坂拳弥(東北福祉大/捕手/右投右打)

3年の春に首位打者を獲得しドラフト候補に名乗りを上げた長坂は大学No1捕手の呼び声も高い。機動破壊の健大高崎高で竹内と同級生。長坂は機動破壊できるほどの脚はないが相手チームの機動力を破壊する強肩の持ち主だ。2塁送球が2秒を切りリードも大学レベルでは評価が高い。173センチと捕手にしては小さいのが気がかりか。

石井一成(早大/遊撃手/右投左打)

重信慎之介(巨人)、茂木英五郎(楽天)と2人の上位指名選手を輩出した早稲田大学が今年も新たな戦力をプロに送り込みそうだ。作新学院から早稲田入りし1年春から試合に出場している石井だ。俊足巧打の遊撃手で4番を務めるパワーもある。しかし、プロで4番を張るようなタイプではなく1,2番で後に繋ぐ役割だろう。

draftdaigakuyasyu
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事