掲載日: 文章:寄稿

【日米野球の違い】MLBとNPBにおけるトレーニングに対する考え方の違い

日本のトレーニング事情

日本でのトレーニングへの意識は、アメリカに比べればとても低い。近年、メジャーリーグの情報が容易に手に入るようになったことで、その意識は変わりつつある。ダルビッシュや大谷翔平の肉体改造、といったニュースの影響も大きいだろう。それでも本格的にトレーニングを取り入れている選手は、プロ野球の世界でさえ多くはない。グランドに出て練習する時間に、重点が置かれているためだ。

パワーで圧倒的に劣る日本野球。トレーニングの取り入れ方を考えれば、日本野球全体のレベルアップも、まだまだ期待できる。もちろん技術を追求していくことも大切だが、力をつけることで身につくパフォーマンスもあるはずだ。練習時間とトレーニングに割く時間のバランスを考えることが、日本野球界の今後の課題と言えるだろう。

アストロズのグリエルが今シーズン2本目のホームラン!

新着記事