再びメジャーの舞台へ~3A最多勝、村田透の現在地~

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

戦力外からのメジャーデビュー

2015年6月28日、クリーブランド・インディアンスとボルチモア・オリオールズとの一戦。一人の日本人投手がメジャーデビューを果たした。現在クリーブランド傘下の3A級コロンバスに所属する村田透である。マイナー契約から苦節5年目で掴んだ夢舞台。結果は3回3分の1を投げ、2本の本塁打含む5失点を喫し、敗戦投手となった。

メジャーでの登板はこの1試合のみ。不本意な内容だったが、彼のここまでの経緯を見れば、逆転劇とも言える快挙である。現在31歳の村田。2007年のドラフトで大阪体育大学からドラフト1位指名を受け、巨人に入団する。しかし、3年間で1軍登板は1度もなく、2010年のシーズン終了後に戦力外通告を受けた。

その後トライアウトを受け、インディアンスのスカウトの目に留まり、マイナー契約を結ぶ。2011年、1Aで開幕を迎え、2Aと3Aの間を行き来しながら5年目にして、メジャーの舞台にまで登り詰めた。

こちらの記事に関連するタグ

torumurata
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事