掲載日: 文章:寄稿

マリナーズ岩隈がノックアウト!マリナーズは崖っぷち!

9月21日にポストシーズンへ向けてワイルドカードを争うアメリカンリーグ東地区のブルージェイズと本拠地セーフコ・フィールドで対戦した。9月20日の試合を落としているマリナーズは絶対に負けられない。その大事な試合の先発を任されたのは岩隈久志だ。

岩隈は初回を3人で片付け続く2回に四球のランナーを出したものの併殺で切り抜けるなど上々の立ち上がり。

3回にロビンソン・カノーのタイムリースリーベースヒットで2点の援護をもらった岩隈が4回に突如乱れた。

先頭のエドウィン・エンカーナシオンを空振り三振とするがそこから2本のホームランを含む6連打を浴びノックアウト。

代わったニック・ビンセントも打ち込まれマリナーズはこの回なんと8失点。勝負は決まってしまった。この後もマリナーズは追加点を許し2-10でブルージェイズに敗北した。

この日の岩隈は3回1/3を投げ被安打8、6失点(自責5)、1四球、5奪三振(72球)で12敗目(16勝)を喫し防御率は4.04と試合前の3.87から悪化してしまった。

マリナーズは残り11試合でワイルドカード争いまで3ゲーム差と崖っぷちだ。奇跡の大逆転を起こすために選手たちの奮起に期待したい。

※日本時間

▼関連SNS

岩隈の好投でマリナーズは8連勝!

関連ニュース / コラム

こちらの記事も読まれています

新着記事