「今後に向けて自信になる試合」海老がプロ初勝利!!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

埼玉県・飯能市民球場で行われたレイアvs3球団選抜 第5戦は、6−3でレイアが勝利した。

1回裏、1死から2番吉田が中前安打で出塁すると3番前田の打席で盗塁。
前田は右中間を破る適時三塁打を放ち1点を先制。

レイアの先発を託されたのは埼玉栄高校出身の海老悠。
3回には連打と四球などで無死満塁のピンチを招くも、無失点と粘りの投球を見せる。
するとその裏に打線が爆発。1死から1番海老の左越二塁打などで1死1,3塁のチャンスを作ると、3番前田の中前適時打で1点を追加。その後もレイア打線は猛攻を見せ、打者10人5得点と一気に3球団選抜を突き放す。

対する3球団選抜は5回、海老を捉え、安打と相手失策などで無死満塁のチャンスを作ると1番三浦由美子、2番岩田に連続適時打が生まれ3点を返し3点差。
しかしその後は、松谷、古谷の継投で無失点に抑えチャレンジマッチ3連勝を飾った。

先発の海老は5回を投げ3失点ながらもうれしいプロ初勝利となった。

【ヒロインインタビュー:レイア #40 海老悠】

<埼玉の地でプロ初勝利>
調子は絶好調でした。3球団選抜の選手はトップチームの中でも素晴らしい選手が多く、緊張しましたが全力で向かっていこうと思いました。今後に向けて自信になる試合でした。

【ヒロインインタビュー:レイア #33 前田桜茄】

<3安打猛打賞2打点1盗塁の活躍>
先制の適時打は狙ってはいませんでした。最近調子があまり良くなく、泉由希菜キャプテンとも話し合って打撃を改善させたのがいい結果になってよかったです。
家族も来ていたので、家族の前で活躍できたのがうれしかったです。

2016年9月21日(水)
日本女子プロ野球リーグ2016 チャレンジマッチ 
レイアvs3球団選抜 第5戦

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R H E
3球団選抜 0 0 0 0 3 0 0 3 10 2
レイア 1 0 5 0 0 0 × 6 10 1

【バッテリー】

  • 3球団選抜:山崎舞、笠原、村田 – 川畑亜沙美
  • レイア:海老悠、松谷、古谷 – 泉由希菜

【勝利投手】
海老悠(4試合1勝1敗1セーブ)
【敗戦投手】
山崎舞(17試合0勝3敗3セーブ)
【セーブ】
古谷恵菜(10試合3勝2敗1セーブ)

こちらの記事に関連するタグ

jwbl20160921
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

女子野球に関する記事

お勧め記事

新着記事