兵庫が埼玉に逆転勝利 里はハーラートップ10勝目

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

兵庫県・淡路佐野運動公園第一野球場で行われた兵庫ディオーネvs埼玉アストライア第15戦は、4−2でディオーネが逆転勝ちを収めた。

3回裏、1死満塁のチャンスを作ると、3番大山の中犠飛で1点を先制。
しかし5回表、アストライアの反撃にあい、3番楢岡の右前適時打などで2点を失い逆転を許してしまう。
6回裏、先頭の6番石塚が左前安打で出塁。その安打をきっかけに1死1,3塁とチャンスを拡げると、9番中田が右越え2点適時三塁打を放ち逆転に成功。その後さらに1点を加え2点のリードを奪うと、最後は里がアストライア打線の反撃を断ち切り勝利した。
ディオーネ先発の里は7回を投げ2失点ながらも自責点は0。完投で10勝目を挙げた。

対するアストライアは終盤に磯崎がつかまり、悔しい敗戦となった。

【ヒロインインタビュー:兵庫ディオーネ #18 里綾実】

<7回を投げわずか99球。完投で10勝目を挙げる>
アストライアとの試合はいつも粘りの試合になるので、最後まで苦しい展開があるな、と予想していましたし、最後の1球まで魂を込めて投げられたのが良かったと思います。

【ヒロインインタビュー:兵庫ディオーネ #21 榊原梨奈】

<3安打猛打賞に加え安定感のある守備で試合に貢献した。>
里選手の登板試合では個人的に活躍できていなく、今日は何としてでも里選手の勝利のために貢献したいと思っていました。
ネクストバッターズサークルにいたときから狙い球を絞っていたので、楽な気持で打席に入れたのが良い結果につながったと思います。

2016年9月24日(土)
日本女子プロ野球リーグ2016 ヴィクトリアシリーズ 
兵庫ディオーネvs埼玉アストライア 第15戦

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R H E
埼玉 0 0 0 0 2 0 0 2 6 3
兵庫 0 0 1 0 0 3 × 4 7 3

【バッテリー】

  • 埼玉:磯崎、谷山 – 今井
  • 兵庫:里 – 寺部

【勝利投手】
里綾実(16試合10勝4敗0セーブ)
【敗戦投手】
磯崎由加里(17試合7勝8敗0セーブ)

ダイジェスト動画

こちらの記事に関連するタグ

jwbl20160924
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

女子野球に関する記事

お勧め記事

新着記事