レンジャーズのダルビッシュが復活!メジャー通算800奪三振達成!

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

9月25日の敵地オークランド・コロシアムで行われたアスレチックス戦にダルビッシュ有(レンジャーズ)が中6日で先発登板した。

前回登板の9月18日も同じくアスレチックス戦で相手の先発はラウル・アルカンタラだった。1週間ぶりの再戦だ。

1回の裏ダルビッシュは1安打を許すものの2奪三振と無難な立ち上がり。前回登板の悪いイメージは残っていないようだ。

レンジャーズ打線は2回表にエルビス・アンドルスの2ランホームランで2点を先制しダルビッシュは楽になった。

先制直後の2回裏から4回裏までダルビッシュはパーフェクトピッチングを見せる。5回にヒットと四球で2死1、3塁のピンチを作るが後続を抑え無失点に抑える。レンジャーズは6回にもアンドルスの2ランホームランで加点するとダルビッシュからの継投を行い5-0で逃げ切った。

この日のダルビッシュは7回まで投げ被安打2、無失点、9奪三振、1四球(99球)の好投で6勝目(5敗)をマーク。防御率は3.53となった。
尚、この日、9個目の奪三振でメジャー通算800奪三振となった。

昨日、優勝を決めたばかりのレンジャーズだが投打が噛み合いポストシーズンへ向けて視界良好だ。

※日本時間

▼関連SNS

こちらの記事に関連するタグ

CtJvGjSVYAQjmTQ
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事