レッドソックスが9連勝でマジック3!上原は1回無失点の好投!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

最多勝、サイヤング賞を狙うリック・ポーセロが先発した9連勝中のレッドソックス。相手は今シーズン調子の出ないレイズだ。

この日も2回に1点を先制し試合を優位に進めていた。
しかし3回裏にポーセロが崩れてしまう。2安打で2死1、2塁のピンチを作るとレイズの4番ブラッド・ミラーに2ベースを浴び同点に追いつかれると続くコーリー・ディッカーソンにも安打を許し2-3と逆転を許す。

しかし、7回表に安打と四球で2死満塁のチャンスを作ると1番ダスティン・ペドロイアが逆転の満塁ホームランを放つ。

9連勝中、そしてアメリカンリーグ東地区首位の底力を見せつけた。リードした状態で終盤を迎えるとレッドソックスは強い。

8回には上原が登板。先頭のディッカーソンにツーベースを許してしまう。しかし、次打者の投球中、捕手がボールをこぼした際に三塁を狙うもサンディ・レオンの好送球でタッチアウト。後続二人を打ち取り結果三人で抑えた。これで上原は復帰後9試合連続無失点を継続。

9回抑えのクレイグ・キンブレルが1点を失うものの6-4でレッドソックスが勝利した。この勝利でレッドソックスは10連勝。地区優勝へ向けたマジックは3となった。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事