9月25日ボートの事故で悲運の死を遂げたイチローの所属するマーリンズのエース右腕ホゼ・フェルナンデスの背番号16を永久欠番とすることを決定した。シーズン中に永久欠番となるのは極めて異例のことだ。

9月27日に本拠地マイアミで行われるメッツ戦において試合で全員がフェルナンデスのユニフォームを着用しプレー。これがマーリンズ最後の背番号16を着用する日となる。

この試合で先頭打者のディー・ゴードンがメッツ先発バートロ・コローンの3球目をライトスタンドへホームラン。観客は総立ちで拍手を送る。ゴードンはダイヤモンドを1周しホームイン直後に胸を2度たたき涙を流す。ベンチに戻ってチームメートとのハグの際も選手たちは涙。映像で見ているファンも涙を流しているだろう。

フェルナンデスのもとへ選手たちの思いはきっと届いている。

今シーズンのマーリンズは残念ながらポストシーズン進出は難しい。来シーズン、この悲しみを乗り越えポストシーズンへ進出し頂点を目指す姿に期待したい。

※日本時間

こちらの記事に関連するタグ

mlb20160926
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

ナショナル・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事