マリナーズが延長戦の末に勝利!先発岩隈は勝ち負けつかず

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

9月27日に敵地ミニッツメイドパークで行われたアストロズ戦で岩隈久志(マリナーズ)が先発した。

ポストシーズンに向けて負けることは許されないマリナーズ。
初回に1点を先制し3回にはロビンソン・カノーがソロホームランで追加点を奪い試合を優位に進めた。

岩隈は1回、2回と先頭打者をヒットで出塁を許すがどちらも併殺に打ち取り無失点の立ち上がり。

その後も岩隈を快投を続け3回、4回、5回と一人のランナーも出さないパーフェクトピッチング。

しかし、6回に岩隈は捕まってしまう。四球のランナーを置いて2死1塁からマーウィン・ゴンザレス、ホセ・アルトゥーベに連続ヒットを浴び2-1と1点差に迫られてしまう。

岩隈はこの回を投げきり勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

マリナーズは9回に1点を追加し逃げ切りを図りたかったが9回裏に同点に追いつかれてしまう。この時点で岩隈の勝ち星は消えた。

しかし、延長11回にまたしてもカノーがホームランを放ち4-3でマリナーズが辛くも勝利を収めた。

岩隈は6回を投げ被安打4、失点1(自責1)、5奪三振、2四球(84球)の投球内容。勝ち負けはつかず勝敗は16勝12敗のままだ。

次回10月2日のアスレチックス線が岩隈の今シーズン最終登板予定だ。

※日本時間

こちらの記事に関連するタグ

mlb20160927_sea
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事