負ければ日本ハムの胴上げが決まる9月27日の日本ハム戦に3-0で勝利した後に田辺監督は記者会見で辞任を表明した。

西武ドームの最終戦は明日だが日本ハムの胴上げと重なる可能性もあり配慮したとみられる。

田辺監督は2014年から代行を務め2015年シーズンより正式に監督に就任。しかし、常勝軍団を作るには至らず3年連続Bクラスとなってしまった。

後任監督は極まっていないが水面下で宮本慎也氏、秋山幸二氏、辻発彦氏などの名前が挙がっている。宮本氏は野村克也監督時代の常勝ヤクルトを知っており秋山氏、辻氏は常勝森西武の中心選手だった。

宮本氏は西武系列のプリンスホテル出身ということでオファーをしているものと思われる。

やはり、常勝軍団を作るためには常勝時代を知る男に再建を任せるのだろう。

埼玉西武ライオンズ
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事