ロッテは今オフのFA選手獲得はしない方針を改めて示した。

今オフは平田良介、大島洋平(共に中日)、陽岱鋼(日本ハム)、糸井嘉男(オリックス)、岸孝之(西武)、山口俊(DeNA)ら大物と呼べる選手のFAが噂されている。

しかし、ロッテはこれらの選手を獲得せず自前で若手を育てていく。

まずは球団期待の若手選手を台湾で行われるウインターリーグに派遣し実戦で成長を促す。そのメンバーに昨年のドラフト1位平沢大河も入っているとみられる。

筒香嘉智(DeNA)が昨オフにドミニカのウインターリーグで実戦を行い今シーズン大爆発したように平沢にも来シーズンの奮起を期待しする。

ロッテは今シーズン3位におわりまだクライマックスシリーズが残っているが来期の構想も怠ることはない。下克上から来シーズンは正真正銘の優勝へロッテが動き出す。

▼関連SNS

こちらの記事に関連するタグ

0930hirasawa
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事