今シーズン限りでの現役引退が発表されているレッドソックスの主砲デービッド・オルティス。

そのオルティスがヤンキースタジアムでの最終戦でセレモニーが開かれた。
同地区のライバルとして戦ってきたヤンキースから記念品としてメンバーから直筆でメッセージ入りのアルバムがジャコビー・エルズベリーから手渡された。引退した選手もメッセージを送っておりその中には松井秀喜も含まれている。
エルズベリーはヤンキースに移籍する前はともにレッドソックスで戦ったチームメートでもある。

そして、もう一つヤンキースタジアムでのオルティスが描かれた絵が贈られた。
これを渡したのはサプライズゲストとして登場したマリアノ・リベラだ。

リベラはヤンキースのクローザーとして雌雄を決してきたライバルでもある。

メジャーリーグの盛大なセレモニーは敵地でも開かれる。

この文化は羨ましい。

▼関連SNS

0930redsox
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事