泉、通算100奪三振を達成!後期優勝に王手の兵庫

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

伏見桃山球場で行われた京都フローラvs兵庫ディオーネ 第16戦は、9-1で兵庫ディオーネが勝利し後期優勝に王手をかけた。

1回表、兵庫ディオーネは制球が定まらない京都フローラの先発・小西美加に襲いかかり7番・川口亜祐美のタイムリーなどで一気に7点を奪い先制する。さらに2回表にも三浦由美子のタイムリーで追加点をあげ12安打9得点をあげた兵庫ディオーネが勝利し、後期優勝に王手をかけた。

京都フローラの9番・金山亜莉紗選手は3回裏にレフトオーバーのツーベースを放ち、通算100安打を達成した。

【ヒロインインタビュー:兵兵庫ディオーネ # 17 泉由有樹】

<通算100奪三振・後期優勝に王手をかける1勝>
どんな時も冷静に私のピッチングをするだけと監督、コーチにも言ってもらっていたのでその通りに投げ込んだのが今日の結果に繋がったと思います。

【ヒロインインタビュー:兵庫ディオーネ #15 川口亜祐美】

<1回表、勝負を決めるタイムリーヒット>
初回に何点あってもいいと思ったので自分のスイングをしようと打席にたったことが、(タイムリー)ヒットに繋がったと思います。試合のときに優勝のことは意識しつつ目の前の試合に集中して優勝したいと思います。

2016年10月1日(土)
日本女子プロ野球リーグ2016 ヴィクトリアシリーズ 
京都フローラvs兵庫ディオーネ 第16戦

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R H E
兵庫 7 1 0 1 0 0 0 9 12 0
京都 0 0 1 0 0 0 0 1 3 1

【バッテリー】

  • 兵庫:泉由有樹、村田 – 寺部
  • 京都:小西美加、植村、塩谷 – 中村

【勝利投手】
泉由有樹 (14試合4勝2敗0セーブ)
【敗戦投手】
小西美加 (25試合9勝7敗0セーブ)
【セーブ】
村田詩歩 (19試合3勝2敗4セーブ)

こちらの記事に関連するタグ

jwbl20161001
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

女子野球に関する記事

お勧め記事

新着記事