今シーズン、39本塁打を放ち本塁打王のタイトルがほぼ確定しているブランドン・レアード(日本ハム)の契約更新が決定した金額は総額で2年5億円程度(推定)とみられる。新たに2年契約を結びCSファイナルステージに挑む。

レアードは今シーズン2年契約の2年目を迎えており来シーズンの去就が注目されていた。

日本ハムにとってもこの契約は大きく来シーズンも中田翔、レアードの大砲コンビで各球団に睨みを利かす。宮西尚生、田中賢介の残留も確定しておりFA行使が予想される陽岱鋼の動向に注目される。

日本ハムはFAの引き止めを積極的に引き止めないことから陽はFAが確実と見られている。

<レアード・今シーズン成績>

143試合/打率.263/39本/97打点

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事