10月1日にセ・リーグは公式戦全日程が終了し順位、タイトル、個人成績が確定した。

2年連続の本塁打王は逃したものの山田哲人は2年連続の盗塁王とトリプルスリーを達成した。

2年連続及び複数回のトリプルスリー達成は史上初の快挙。

今シーズンの山田は死球の影響で欠場し復帰後も死球から調子を崩していた。
9月11日の阪神戦で死球を受けた後はその前の打席を含め21打席ノーヒットというスランプも体験した。

しかし、最後は欠場することなく打率3割をキープ。来年は3年連続のトリプルスリーを目指す。

チームメートの川端慎吾は「2年どころか5年連続トリプルスリーいけるでしょ!」と山田を称えた。

<山田哲人・今シーズン成績>
133試合/打率.304/38本/102打点/30盗塁/出塁率.425

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事