10月2日に開幕した希望郷いわて国体に履正社高校の寺島成輝、山口裕次郎両投手が登板した。

履正社は1回戦で開催地枠で出場している盛岡大付属高校(岩手県)と対戦。高校ビッグ3で唯一国体に出場している寺島が先発のマウンドに上った。

寺島は初回に1点を失うと4回にも3点を失い4回4失点と今一つの内容。奪った三振は4つで最速は140キロだった。この一戦でプロの評価が落ちることはないが不安の残る内容。

5回からは寺島と同じくプロ志望届を提出している山口が登板。7回にソロホームランなどで2点を失ってしまう。山口は8回まで投げて降板した。

山口は4回2失点の内容だった。

試合は履正社が10-6で盛岡大付を下し2回戦に進出した。

kokutai20161002
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事