今シーズン限りでの引退を表明しているデービッド・オルティス(レッドソックス)の背番号34が永久欠番となることがわかった。

オルティスは1997年にツインズでデビューし2003年にレッドソックスへ移籍。以降はレッドソックス一筋でプレーしてきた。

2004年、2007年、2013年のワールドチャンピオンに貢献し個人としても2005年に打点王、2006年員は打点王、本塁打王を獲得。

レッドソックスに欠かせない存在となっていた。

今シーズンは引退シーズンながら衰えを見せずにレッドソックスのアメリカンリーグ東地区優勝に貢献していた。

引退の花道をワールドチャンピオンで飾りたいオルティスにはポストシーズンでの活躍を期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

1003red
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事