25年ぶりのリーグ優勝を果たしCSへ向けた準備を行っている広島にも当然、戦力外となる選手はいる。今回の通告では2人のベテランが戦力外となった。

【支配下】
<投手>
久本祐一(37)

<外野手>
中東直己(34)

久本は2013年に中日から広島へチームを移し中継ぎとして活躍。ケガの影響もあり昨シーズンは育成契約だったが今シーズン支配下登録を勝ち取っていた。しかし、今シーズンは1試合のみの登板となり優勝には貢献できなかった。12球団合同トライアウト受験見込み。

中東は捕手もできるユーティリティーとして活躍したが今シーズンの一軍出場はなし。今後は未定。

<久本祐一・今シーズン成績>
1試合/0勝0敗/1回/2奪三振/2四球/防御率45.00

<中東直己・今シーズン成績>
一軍出場なし

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事