10月4日東都大学野球秋季リーグの専修大学対日本大学の試合が行われた。

今秋のドラフトで注目されている京田陽太(日大)は3番ショート、森山恵佑(専大)は4番レフトでそれぞれスタメン出場を果たした。

序盤から点の取り合いとなったこの試合は4-3と1点リードで7回裏専大の攻撃を迎える。この回、長打で同点に追いついた専大は森山が3塁にランナーを置いてレフトへのツーベースで1点勝ち越しに成功。専大が6-4と2点リードとした。

しかし、8回に1点を返した日大は9回に京田のヒットを足がかりとし2点を奪い逆転。日大が7-6で勝利かと思われたが9回裏に専大は2点を奪い逆転サヨナラで幕を閉じた。

【試合結果】
日大7-8x専大

【注目選手】
京田陽太(日大):5打数1安打
森山恵佑(専大):5打数1安打1打点

▼関連SNS

こちらの記事に関連するタグ

1004kyouda
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事